HOME What's New ブログ 初めての方に 記号説明 検索
 
ポスターご注文
ポスターリスト購読
ポスター買い取り
旧掲示板
リンク
訪問販売法表記
 
icon icon
ソースネクスト 筆王 
ソースネクスト
ソースネクスト
お知らせ(リスト語録)
スノーピーク特集   ユニフレーム特集
1998年度  ★1999年度  ★2000年度2001年度2002年度2003年度  ★2004年度  ★2005年度
2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度

【リストVol28】16 Nov. 2001
急に肌寒くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 

今年はやはり暖冬だなあ、なんて思っていたのですが、結局は寒くなって来ましたね。さて、今月号は予定より早く皆さんに お届けすることになりました。と言いますのも、オーナーが11月20日から12月5日まで海外出張することになったからです。 長期間皆さんにはご迷惑をおかけ致しますが、よろしくご了承ください。ということでご注文も出来るだけ11月18日には届くように お願い致します。そうすれば、出発までにご返事ができるからです。もちろん不在中のご注文もご注文をお受けした順番で ファイルして不公平が生じないように致しますので、安心してご注文ください。
ということで、今回も四方山話を少し…。まず初めは当然これ、皆さんもご存知の通り、ついに10月20日に発売となった ”マカロニ・ポスター大全”について、です。すでにご覧になった方、そしてご購入いただいた方がおられると思いますが、 世界初のマカロニ・ポスター集いかがでしたでしょうか?感想など是非お聞かせいただきたいと思います。 少々印刷には難ありで本来はもっと鮮やかな色なのに、今ひとつ印刷の関係でその良さが伝わって来ないものがありました。 もともとマカロニの場合はどぎつさが売りなので、そのどぎつさが出ていないと魅力半減なのですが、 これは印刷会社の問題だったと思います。そこのところが残念でした。編集方法は海外での販売を意識して資料的価値のある 出来映えで、なかなかのものだと思っています。
未公開もあるため、調査にはかなりの時間がかかったはずですが、マニアックにやり遂げたところはさすが石熊さん(編集)だと 思っています。ただ、最終段階でオーナーに確認依頼がなかったものですから、ポスターのサイズ表記等に誤りが結構ありました。 これがもったいないところです。このポスター本を元にコレクションを始める方もおられると思うのですが、 そうすると幻のポスターを探し続けることになってしまって大変ですから、以下訂正分をご紹介しておきます。 ポスター本にメモを挟まれてはいかがでしょうか?
訂正が必要なのは”夕陽の用心棒”(P17)はリバイバルです。オリジナルはジェンマではなくモンゴメリー・ウッド名のもの。 ”五人の軍隊”(P37)は4シート、”続・夕陽のガンマン”(P77)はすべて4シート、日本版は半裁です。 (2シートは少し細長くでデザインが異なります。)”夕陽のギャングたち”(P109)は4シート、”荒野の1ドル銀貨”(P117)は リバイバル、本当の初公開オリジナルはモンゴメリー・ウッド名ということになります。だいたい以上でしょうか。 皆さんの確実な情報源として活用頂ければ幸いです。
でも、撮影したポスターのだいたい半分強しか掲載されていませんので、十分第2集が出来るだけの写真があるはずです。 そして撮影後すでに3年近く経っているので、オーナーのコレクションも当然のことながら増え続けています。ですので、 さらに充実した内容の第2集を出せる状況にはあるわけです。そのためにはこの1集が売れないことには出せませんので、 是非皆さんのご協力をお願いしたいと思います。映画好きのご友人とかに薦めて頂いて、どんどん購入してもらって頂ければ とてもありがたいですので、よろしくお願いします。

そして最後は年末のイベント情報です。今年もいろいろと悩んだあげくに12月29日(土)と30日(日)の2日間、 いつもの東京は神保町のギャラリー西遊記にて展示即売会を実施致します。今回もマカロニや名作ポスター、そして人気のホラー作品など 超レアなものも含めて一挙放出致します。
是非皆さん年末のボーナスを握りしめてお越しください。決して後悔はさせません! 詳細はイベント案内ページに掲載しておりますので、遠方の方も東京見学がてら お越し下さい。皆さんとお会いできることをとても楽しみにしています。

尚、当日の展示ポスターについては事前のお問い合せをお断りしておりますので、予めご了承下さい。でもイベントよりも前に、 まずはポスター集にも掲載されたものも出ている今回の世界初、マカロニ大特集リストで、 HAPPY HUNTING !

【リストVol27】30 Sep. 2001
台風災害、株価の下落、米大規模テロに豪アンセット航空会社の倒産、等々世界規模で良くないニュースばかりが目立つ 今日この頃ですが、とりあえず残暑お見舞い申し上げます。
何となくどんよりと世の中が暗い雰囲気になってしまっていますが、そんな中でも映画は絶えず夢を与え続けてくれる凄い力を 持っているメディアだと思います。しかも今夏は大作、話題作が目白押しで久しぶりに映画業界も画期づいた感がありました。 国内では相変わらず宮崎駿強しで、”千と千尋の神隠し”が大ヒット。いずれは海外でも公開されるでしょう。 頑張って各国のポスターを仕入れますので、そのときはよろしくお願いします。

ということで今回も景気づけに四方山話を少し…。
まずは8月4日のシネセゾン渋谷での”続・荒野の用心棒”上映会から。オーナーももちろん東京まで駆けつけましたが、 大スクリーンで見る”DJANGO”は大迫力、ニューマスターの画面はすこぶる鮮明でしかも音が良い! DVDも発売されましたから、皆さん必ずGETしてくださいよ。プレス枚数があまりないのでヴィンテージ化必至です。 というよりもなによりも映画自体のパワーが素晴らしい。 未だに伝説として語り継がれるだけのことはあります。全くマカロニ・ウエスタンには縁がないという人も是非ご覧ください。
かつて世界中が熱狂したマカロニの魅力に浸っていただければと思います。また上映会では早撃ち大会からオークションまで 盛りだくさんの内容でしかもサプライズの”STRAIGHT TO HELL”の上映は感動的でした。しかもオーナーは ”DJANGO”の巨大垂れ幕を落札し、ハッピーな夜となりました。当日来ていた方がおられましたら、 是非感想をお知らせください。

そしてお次はマカロニ・ポスター本のご案内です。映画秘宝でも8月発売予定と発表されていたにもかかわらずまたまた遅れて しまっておりまして、とうとう10月に突入ということです。いかにもマカロニ的いい加減さでどうしようもありませんが、 こうなったら発刊されることだけでもありがたいということで納得するしかありません。
ということで本来なら今号はマカロニ特集の予定をしておりましたが、せっかく特集するならポスター本が出てポスター・ファンが 増えた段階で(そうなるという確証はありませんが。)やった方が良いのではないかということで今号は通常のリストとなっております。 せっかく予告していましたが、こういう事情ですのでよろしくご了承ください。

でもって今号のご紹介ポスターはたまたま委託ポスターが入ったことと当初からマカロニを準備していたこともあって リスト作成についてはちょっと苦労しましたが、それでも凄い掘り出し物もちゃんとありますので、お楽しみください。 尚、マカロニ・ポスター本は次の映画秘宝でも紹介があるのではないかと思いますのでこちらは忘れずにチェックしてみてください。

  さて、最後は”2001年シネマ・オデッセイー映画ポスターの20世紀”です。現在北海道は北海道立帯広美術館で開催されていますが、 北海道でこれだけのポスターが紹介されたことは過去にはなかったのではないかと思いますので、そちら方面にお住まいの方、 これは行く価値があると思いますよ。
それぞれのポスターの現行の相場を知っているとさらにそのすごさがわかるのですが、とりあえず世界で数枚しか存在が確認されていない ものもありますので、単なる映画ポスターの枠を越えた素晴らしい文化的遺産ということで認識されるべきコレクションと言えます。 今後またこのような映画ポスター展が開催されることは当分ないと考えられますので、そういう意味でもこの展覧会は見逃せませんね。

ということで残暑見舞いの第27号リストです。夏のボーナス残っていればこれはぜーんぶポスターにつぎ込んじゃいましょう。それでは皆さん、 HAPPY HUNTING !

【リストVol26】27 Jul. 2001
暑い、暑い、あつ〜い!ほんとーに暑い夏がとうとうやって来ました!すでに夏バテのオーナーですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
今年は例年になく暑い夏になるとの予報が出ていて、これは辛いなーと思っているのですが、京都はこの暑さの中でも祇園祭りで盛り上がってたわけで、 昔の人はパワーがあったのだなあとつくづく思います。(でも温暖化も無かったし、アスファルト路面もビルのクーラーもなかった訳で今よりは 多分ずっと涼しかったんでしょうね。これ以上温暖化が進まないよう、小さな事でも何か対策を始めましょう。)
ということで今年は映画の方も夏は大作が目白押しで熱い激戦を繰り広げそうな感じがします。少し寂しかった昨年に比べると期待の作品が多くて とても楽しみです。果たして皆さんは何本見に行かれるのでしょうか?ポスターもこれから値上がりそうなものがあります。これはと思ったら早めに ゲットして下さい。

さて、それではいつもの四方山話を…。まずは話題の”2001年シネマ・オデッセイー映画ポスターの20世紀”。 大阪のサントリー・ミュージアムで開催されていましたが、東京に移って行きますね。是非ご覧になることをお薦めします。 恐らく一生に一度しか見られないポスターが多数ありますので…。映画ポスターの魅力に圧倒されること請け合いです。

映画ポスターの場合はそのバックには映画そのものがあって、単なるポスターのデザインだけが魅力なのではなくてその映画と重ね合わせて 魅力が増すところが絵画とは決定的に異なる点だと思っています。ですのでポスターを入手する前からすでに思い入れがある場合もあり、 人によっては映画そのものの一部分を所有しているような感覚を持つ人もいると思います。(ビデオが無かった時代はその最たるものが サントラ盤であったと思います。だって実際に映画で鳴っていた音楽が聴けるんですから…。そしてパンフであったりチラシであったり ポスターであったりしたわけです。)
そしてなぜかしら人を引きつける魅力があった隠れたB級、C級作品のポスターの値段が上がっていくのは そういう部分も関係しているのではないかとオーナーは思っています。今皆さんが購入されているポスターも何十年後かにはそんな カルトな人気が出てきてまたその価値を上げていくのかも知れません。

それからお次はeBay始まって以来の大型ポスター・オークションについて。 これは映画ポスター本を多数出版しているブルース・ハーシェンソンがオーガナイズしたもので、日本屈指のSFポスター・コレクターである T・Hさんも多数出品されました。通常のeBayオークションと異なり、 事前に3冊ものカタログを出版し、そのカタログは通常のポスター本と言ってもいいような内容で見応え十分の出来でした。 (ただし出版が10日あまり遅れたのは痛かったと思いますが…。)
結局1,000人程度の参加者があり、通常のライブ・オークションとは比較にならないような多数の人間が参加した形になっていました。 さすがeBay、ということろでしょうか。
しかしながら、T・Hさんも分析されていましたが、オークション参加者は飛躍的に増加したのですが、ライブ・オークションと異なり、 最後の最後の競り合いをあおるオークショニアーがいないこと、時間が来たら自動的に終了してしまうこと、で本来もっと値が つり上がったかも知れないところ、システム的な制約のためそうはならなかった部分もありました。 (結果入札者にはラッキーな結果になったわけですが。)
ただ、傾向として明らかになったと思うのは、人気のあるポスターはやはり高値がつくこと (”禁断の惑星”(OS)は$7,150まで行きました!)、状態が良いものは相場以上の価格がつけられること (意外と状態にこだわる人が多いんですね、eBayは。 これは以前からその傾向があると思っていましたが、その通りの結果が出ました。)などなどです。
eBay 始まって以来の大規模ポスター・オークションは 機械と人間とのオークションとして、それぞれのメリット、デメリットが出ていろいろと考えさせられました。

最後にマカロニ・ポスター本の情報を。 いよいよ8月中に出版されますが、今が最後の山場といったところでしょうか。
詳細は7月21日発売映画秘宝で紹介されるようですが、以前リストでも報告したイタリアの有名なポスター・デザイナーの サンドロ・シメオーニのインタビュー記事も掲載されるとのことで、是非ご一読下さい。また、”続・荒野の用心棒”のDVDも発売されますが、 またまたマカロニ復活を記念して8月4日にはシネセゾン渋谷にて一回きりの”続・荒野の用心棒”上映会があります。大スクリーンで 一世を風靡したジャンゴに会える唯一度のチャンスです。皆さん是非足を運んでくださいね。 オーナーもなんとか行こうと思っています。

ということで今回のリストと次号のリストは超レアなポスターを含んだ(一部)マカロニ特集です。 今後目にすることのないようなポスターも含まれていますので是非ゲットして下さい。 それでは皆さん、HAPPY HUNTING !

【リストVol25】25 May 2001
皆さん、お待たせしました! ついに4周年記念のリストです!!

先のことなど全く考えずに始めたのですが、なんだかんだやってるうちに4年もたってしまいました。 あっと言う間だったような、長かったような・・。
これもひとえに皆さんのおかげです。どうもありがとうございました。特にオープン以来おつきあい頂いている方も多く、 感謝感謝です。
果たして皆さんのコレクションにどれだけお役に立てたかは分かりませんが、いい加減なオーナーにあいそをつかさず つき合って頂いている皆さんは相当心の広い方々です。まあ映画を愛する人に悪い人はいない、というのがオーナーの 持論なのですが…。
オーナーも映画が好きで好きで映画さえ見ていられればまたサントラを聴いていられれば、そしてポスターを見ていられれば 幸せな人間ですが、恐らく皆さんの多くもそういう方々なのではないかと思います。そういう皆さんと知り合いになれる というのもこの仕事をしている一つの大きな楽しみです。
今後ともどうかどうかよろしくお願いいたします。ますます頑張って良いポスターを仕入れていきますのでご期待ください。

さて、それでは4周年の四方山話を…。 まずは話題の”2001年シネマ・オデッセイー映画ポスターの20世紀”から。 現在大阪のサントリー・ミュージアムで開催されていますが、オーナーもプレビューに招待されて行って来ました。
他にポスター業界の人間はいなかったようで、レセプションの間中監修(実際には殆どのポスターを提供している)の トニー・ノーマンドとマニアックな話ができたことが面白かったですが、展示ポスターもなかなかどうして気合いが入っていました。
この機会を逃すと一生目にすることができないようなポスターもあり、非常に充実していました。 (といっても来ていたマスコミの人たちが果たしてそれぞれの流通価格を分かってるのかどうかははなはだ疑問でしたが。)
挨拶のスピーチで”映画ポスターは美術館で見られるものかどうか?見られます!”という言葉が印象的でしたが、 もとからそう思っていたオーナーとしてはなんだ今更、という気がしないでもなかったですが、それでも実際の展示を見ると 感慨ひとしおでした。

やはり映画ポスターは素晴らしい!今後東京、札幌と移動されていきますが、皆さん是非ご覧ください。ポスターの魅力に 改めてとりつかれること必至です。また、展示ポスター・カタログも充実していてデザイナー紹介などもあり、 ポスター・ファン必携でしょう。トニーが”この展示の後、あのポスターが欲しいとかって問い合わせが来るかもしれない。”と マーケットの拡大を期待していましたが、”どのポスターも高すぎて日本じゃ売れないよ”、と言っておきました。 がっかりすると可哀想ですから…。

でももしホントにファンの人が増えたらこれは同好の士としてはうれしいことです。1点だけ高いのを買う、 という人も中にはいるでしょうからそういう人が出てくることをオーナーも期待したいところです。皆さんご覧になられましたら 是非BBSの書き込みなんかで感想を聞かせていただければ幸いです。
それから最近のポスター事情を少し…。今話題の”パール・ハーバー”はポスターが出たとたんに高くなってしまっていて 結局仕入れはあきらめました。5種類も出るのも珍しいですが、映画がこけるとポスターの価値も下がるのでどうなることやら…。 徐々にポスターに対する認知が高まっていて市場価格が上がって来ている良い例だと思います。

開店準備を始めた5年前から見ると確かにポスターは値上がりしています。しかも人気作品はどんどん出回らなく なってしまっています。前回報告したようにeBayでも良い物は 結局相当な金額がついてしまって得な気分で落札できることが殆どありません。コレクターとしてはうれしいやら悲しいやら、 です。でも皆さんめげずにコレクションは続けてくださいね。できるだけのお手伝いはしたいと思います。 とにかくコレクションはあきらめないことが肝心です。(でもお金はいざという時のために貯めておいて下さい!)

そして最後は幻となっていた”マカロニ・ウエスタン・ポスター集”の最新情報です。ついに8月の出版が決定 したとのことです。価格未定ですが今までのポスター本を凌駕するものになりそうです。 是非ご期待下さい。 売れれば第2集も発売できる可能性があるということで皆さんのご協力よろしくお願いいたします。 ”続・荒野の用心棒”日本盤DVDが発売されることですし(オーナーも音楽解説でライナーを依頼されています。)、 またまたマカロニ・ブームが到来するかも知れません。 マカロニよ永遠に!です。

ということでいよいよ4周年記念のリストをご紹介しましょう。 オーナー秘蔵の超レアな人気ポスターも紹介します。また高額ポスターを格安で紹介したりもしています。 ふるってご注文下さい。また4周年を記念して過去のリスト(Vol.24まで) のものは一部を除いて以後在庫分は20%OFFとさせて頂きます。さらに新作も大幅値下げを断行します。円安の中頑張りますので どうかよろしくお願いいたします。 それでは今回もどうぞ皆さん、HAPPY HUNTING !

【リストVol24】14 Mar. 2001
3月になりました。まだまだ寒い日が続いていますが皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

オーナーは最近遅ればせながらeBayにはまっています。 もちろん仕入れと個人のコレクションのためですが、なかなか日本にいると時間的ハンディがあって思うように いかない、というのが正直な所です。どうしても欲しければかなり高めの金額を張っておく必要があり、 下手をすると相場よりも高くなってしまう事もあります。それではやっている意味があまりありませんから難しい所なのです。 とはいっても結構珍しいものが出ていますし、何枚かは皆さんに喜んで頂けそうなポスターを入手しましたので、随時リストで発表 していきたいと思っています。でも教訓としてはeBayだからといって ヴィンテージが安く入手出来るとは限らない、という事が わかりました。やはりコレクターが良い物に対しては群がってきます。

例のT.Hさんからは”地球の静止する日”が9,000ドルほどで落札されたという事を聞きました。 これではいくら状態が良いとはいえLIVEオークションよりも高い金額で落札された事になります。 ビッドを競う相手も知り合いだったり、仕入先だったりするので困ったものです。
でもコレクションは情け無用、あきらめない事が肝心なハードな競争世界です。(もちろんとっても楽しい世界でもあります。) オーナーも単純に仕入先が増えた、ぐらいに思って利用していこうと思っています。個人のコレクションも結構レアなものを 入手できたりして充実して来ているのは事実ですから。いつか機会があれば自慢したい(おっと失礼!)と思っていますが、 そんな機会はないでしょうね。密かに眺めてにやにやしたいと思います。 (とは言ってもオーナーは決して根暗ではありませんから誤解なきように。)
但し、いわゆる人気ポスターやヴィンテージ・ポスターを入手しようとすると言語の問題も含めて初心者の方には ちょっと厳しいかも知れません。かなりの知識が要求されるのと、何かの時の交渉力が必要だからです。 いわゆる情報収集の場として利用する、というもの一つの手かも知れませんね。
オーナーがこんな事を書くのも皆さんが輸入映画ポスターにはまって、コレクター人口が増えればいいなと 思っているからです。(所で嫁さんは日本のYahoo!のオークションにはまって瞬く間にマンガ本が山のように 増えてしまい、ちょっと大変な事なっています。皆さん、もしやってみよう、という事であればほどほどに…。)

さて、オークションといえば、多くのヴィンテージSF、ホラーをコレクションされている前述のT・Hさんが 6月のアメリカのメジャー・オークションにオーナーの仲介で出品される事になりました。恐らく現在はカタログ作成のための 写真撮影に入っているはずです。いまから結果が楽しみでオーナーもわくわくしています。恐らくアメリカのオークションに 日本人が大量に出品するのは初めての事だと思いますのでこれは快挙になるでしょう。オーナーとしてもお手伝い出来てうれしく思っています。 さて、またまた皆さんにビッグ・ニュースです。3月19日まで在庫分20%OFFセールを続行する事に致しました。 また、Vol.23のポスターは10%OFFとなります。 是非この機会を逃さずにお得な買い物をして下さい!

それから、今回もリスト発送が大幅に早まりました。びっくりされた方もおられたと思いますが、 またまたオーナーの海外出張です。3月20日から4月6日までの間です。従いまして発注は出来るだけ 3月19日まででお願い致します。ポスターが早く欲しい方はすぐに注文いただき、ご送金頂く事になりますので ご了解下さい。それ以降のものについては帰国後の対応となりますので、あわせてご了承下さい。もちろん、 不在中のご注文も到着順に記録し、不公平のないように致しますので安心してご注文下さい。 次回リストは4周年記念ですので超ヴィンテージも放出しますがそれに向けての仕入れも今回の出張で してこようと思っています。

最後になりましたが、同業他店が会員特別価格とかで新作を大幅値下げしたようです。 値下げ幅が大きいので今頃どうしてかと不思議なのですが、弊社としましても出来るだけの事は したいと思いますので、今回一部値下げ可能な作品はそのようにさせて頂いております。 ただし、以前からご案内の通り、新作は殆どが取り寄せとなりますので、その点ご了承頂きたいと思います。 もちろん”スター・ウオーズ”や”007”などのメジャー作品や入手が困難と思われるポスターについては 新作も入荷致しますのでご安心下さい。
また、アメリカ版のDVD(注:Region code2となっている日本国内販売のDVDプレーヤで、 Region code2以外となっている海外DVDディスクを鑑賞する事は出来ません。例えば米国内で販売されている一般的な 映画DVDDディスクはRegion code2以外のものです。) の仕入先が見つかりました。皆さんからのご希望が多ければ、取り扱いを始めようと考えております。 是非ご意見をお聞かせ下さい。もちろん既存他店よりは安く提供していく予定です。 それでは皆さん今回もHAPPY HUNTING !

【リストVol23】28 Jan. 2001
皆さん、新年あけましておめでとうございます。 少々遅ればせですが、新年のご挨拶をさせて頂きたいと思います。
とうとう今年は2001年、あのスタンリー・キューブリックが1968年に”2001年宇宙の旅”を作ってから32年、未だ人類は 宇宙ステーションを完成するには至っていませんが、映画製作の技術は大幅に進歩し、いまやCGでなんでも出来てしまう時代になっています。 恐らくキューブリックですら、このような進歩の仕方は予想していなかったに違いありません。ただ、2000年の映画界はと言いますと果たして 歴史に名を残すような作品があったかというと少し疑問ではあります。
そうしてみるといかに技術が進歩したとはいえ、永遠に語り継がれる名画というものは単なる技術の問題ではない、ということがよくわかります。 そういう意味では人間にとって普遍性がある限りどんなに古い作品であろうとこれからの新世紀にもその輝きを失わない映画というものが沢山あるのでは ないかと思います。 そしてポスターも同様にそれらの作品と共に更にその価値を増していくに違いありません。ようやく古いものがお宝として正式に評価を受けるように なって来ましたが、それが世界的な傾向であるということも面白いですし、また、古い歴史をもつ日本において比較的そういったものへの意識が薄い というのは大きな問題と言えるでしょう。
今年も新たな世紀を迎えてファンタージェンでは皆さんに様々な素晴らしいポスターをご紹介していく予定です。どうかこの記念すべき年もよろしく お願い致します。
さて、堅苦しい話はこれぐらいにして、また四方山話を少し…。

まずは年末のイベント報告から。おかげさまで無事2日間の予定をこなすことが出来ました。
なんとか皆さんにご迷惑をおかけすることなく運営できたのではないかと 思います。帰りはオーナー一人で東京から京都までノンストップで運転して帰ってきましたが、幸い渋滞は終わっていて会場から自宅まで4時間半足らずで 帰ることが出来ました。 久しぶりのロング・ドライブでしたが、なんとかまだ体力が続くかな、という感じでしたね。とりあえずイベントは前年の年末ほどではありませんでしたが、 そこそこの成果を出すことができ、また在庫処分で格安提供したポスターもそこそこ売れましたので枚数は結構出たように思います。 (でも相変わらず高いポスターは売れにくいですね。) ということで今回のイベントで注目を集めたポスターを少しご紹介しますと、まずは目玉の一つとして出した”帝国の逆襲”のアドバンス(AV)です。 これはまだ題名が”REVENGE OF JEDI”となっているもので、しかも公開月が書かれていない最初のアドバンス(AV)であり、非常にレアなポスターと されています。 それから今回のリストにも掲載しましたが、大人気の”グラン・ブルー”のインターナショナル(IL)です。カラー・カタログにも載せていますが、 現物はもっともっと綺麗です。しかも激レアということで今回はOFFER・ポスターとして掲載しています。 それ以外にも”百万長者と結婚する方法””ミイラの幽霊””タランチュラの襲撃”などを出していました。 尚、いつものことですが、今回のリストはイベントで売れ残ったものを中心に掲載しておりますので、その点よろしくご了承下さい。イベントの時に 見落としていた物もあるかも知れませんし、ゆっくり検討いただければと思います。 それから前回リストで発表した”掘り出し物”情報ですが、一応お約束通り全くの不定期でホームページの掲示板に書き込んでいます。 もしチェック出来る方は是非のぞいて下さい。  現在古い書き込みはどんどん消えていく運命ですのでその点もご理解の上、古い書き込みもチェックして見て下さい。尚、掲示板で発表したポスターは 可能な限り定期リスト(今回は無理でしたが)にも掲載していきますので、その点もご了解下さい。尚、この”掘り出し物”については基本的に デザインをご紹介する事が困難なので、あわせてご了解下さい。

最後にオーナーが最近観た映画について少しだけコメントを…。2000年最後に劇場で見た作品はイーストウッドの”スペースカウボーイ”でした。 宇宙に飛び出してからの作りの雑さが残念でしたが、大ヒットも頷ける出来映えでした。わがイーストウッドがああいう形で頑張っているところを観るのは 実にうれしかったですね。それから2001年最初に観た映画は”ゴジメガ”でした。あまり期待はしていなかったのですが、予備知識全く無しで 観た感想は平成ガメラ・シリーズの心意気を感じられる新たなゴジラ映画の展開を予測させるような立派な仕上がりをみせていたと思います。  ミニチュア撮影が急に貧相になるのは技術というよりは予算の問題だったのだろうと思うのですが、それが残念といえば残念でした。 でも次回作には期待が高まりました。
ということで最近観た2本の感想を簡単に書かせていただきました。これでオーナーの映画の好みが少し判ったのではないでしょうか…。

さて、最後に皆さんにビッグ・ニュースです。2001年2月20日まで新春ビッグ・バーゲンを開催します。在庫分が全品20%OFF!です。 高いと思ってあきらめていたポスターもこれならゲット出来るかも知れませんよ。是非過去にさかのぼってリストをチェックしてみて下さい。 ただし今回の23号掲載分は対象外ですので、よろしくご了承下さい。  それでは2001年初めてのリストでHAPPY HUNTING !

car*bike_468*60a
1998年度  ★1999年度  ★2000年度2001年度2002年度2003年度  ★2004年度 
2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度